1週間ダイエットにも、有酸素運動はおすすめ。どんなダイエットでも、基本は「摂取するカロリー以上に、消費カロリーを多くする」ことが大切です。ウォーキングをすることで、純粋に動く量を増やし、消費カロリーをアップさせます。

ウォーキングは足を使うため、全身の血液の循環がよくなり、代謝アップや血行促進効果もあります。歩くことで気分転換にもなり、誰でも気軽に行えるおすすめの運動です。

カロリーを抑える食事の仕方

ウォーキング時の注意

無理のない距離から始める

最初はいつもより1駅先から電車に乗る、1つ遠くのスーパーまで行く、など、自分の行動範囲から少し遠くを目指し、慣れたらさらに遠く…という感じで、距離を伸ばしていきましょう。自分のペースや、歩数を把握するために、歩数計を使うのも効果的です。

正しい姿勢・歩きやすい靴・服装で

「歩くだけ」と思いがちですが、歩き慣れないうちは足裏や足首、膝などにも負担がかかり、姿勢が歪む原因に。正しい歩き方に気をつけ、歩きやすい靴を用意しましょう。ウォーキングシューズにも種類があり、本格的なものから手軽なもの、通勤にもOKなものなど様々。歩きやすく履きやすい靴で歩きましょう。

「少し早いかな?」位のペースで30分

歩き慣れてきたら、少し早いかな?と思えるペースで歩いてみましょう!代謝や運動効果がアップします。運動は最低でも10分以上続けることがポイント。ウォーキングの目安は30分。10分を3回、15分を2回でもいいので、1日30分を目標にしてみましょう。

水分補給・日焼け止めを忘れずに

夏場でなくても、ウォーキングをするとかなり汗をかくもの。ウォーキング中だけでなく、ウォーキング前後にも水分を補給しておきましょう。また、ウォーキング中は意外と日焼けをします。帽子やサングラス、日焼け止めなども準備しておくと安心です。

水泳やジョギングもおすすめ

運動不足の人にはウォーキングがおすすめですが、運動に慣れている人や、体力に自信がある人は、さらに消費カロリーが高い有酸素運動である、水泳やジョギングもおすすめ!短時間でも十分なカロリーが消費され、1週間ダイエットの強い味方になります。

しかし、運動後の食べ過ぎと、アミノ酸やビタミン、ミネラルなどの不足には注意してくださいね。