ダイエットの心得と現状の把握

自分の身体の現状を見つめ直そう

まずは今の自分の状態を知らなければ、成功も失敗もありません。3つの方法で現在の自分を知り、どうなりたいかの目的と、ゴールをはっきりさせましょう。

  • 写真を撮る
  • 体重やサイズを計測する

写真を撮る

水着や下着姿など、自分の体型がはっきりわかる姿で写真撮影します。正面だけでなく、左右の横や後ろ側もとっておくと良いでしょう。

鏡に写った自分ではよくわからなかった部分も、写真であればチェックでき、自分で確かめられます。客観的に「どこを痩せるとより綺麗か」を知るのにおすすめです。

体重を計る・サイズを計測する

BMI指数や美容体重など、体重に対する目安は様々あります。また、1週間のダイエットでは体重の数字以上に「見た目痩せ」も重要です。ウエスト、二の腕、ふとももなど、現状の数字を知り、モチベーションアップに効果的です。

数字の変化に振り回されない

体重やサイズなどを目標にすると、どうしても数字のプラスマイナスが気になります。しかし、「数字の変化=ダイエット成功」ではありません。特に体重は一日で約1kg位は増減があると言われています。水分や食べ物の消化、排泄などで、かなり変動するものなのです。

あなたの目的は何でしたか?ドレスを綺麗に着たい、お腹を目立たなくしたい…。1週間ダイエットでは、自分のゴールに限りなく近づけられればられるほど、「成功」です。数字はあくまでも「分かりやすい基準」として考え、それ自体に振り回されないことで、精神的なストレスが減り、成功しやすくなります。

1週間で3キロ痩せるダイエット方法

1週間ダイエット中に忘れてはいけないこと

1週間ダイエットは、効果が出る方法が限られるため、激しい運動や食事制限などになりがちです。短期で成功させるために、特に気をつけておきたいことについて紹介します。

アミノ酸・ミネラル・ビタミン不足に注意する

1週間ダイエットでは、効果を出すための運動や食事制限などで、急激に栄養が不足しがちになります。特に筋肉など体の組織を作るのにかかせない「アミノ酸」や、神経やホルモンバランスを整える「ミネラル」、体を元気に働かせるために必要な「ビタミン」不足に注意したいもの。

この3つが不足すると、肌荒れや薄毛、体調不調につながることも。せっかく1週間でダイエットが成功しても、美しくないのでは残念ですよね。アミノ酸・ミネラル・ビタミンを忘れずに補給しましょう。

栄養不足にならないためのダイエットドリンクを徹底比較

食事や行動を「忘れない」&「思い出す」

毎日何気なく過ごしていると、何をたべたかや、何をして過ごしたかを忘れてしまうもの。実際に、昨日の朝何を食べたかさっと思い出せないことも…。

まずは自分が「何を食べ、どう行動したか」を「忘れない」「思い出す」事を意識しましょう。記録をとればより思い出しやすいですが、まずは意識することが大切。1週間ダイエットに対するモチベーションも高まり、気持ちが引き締まります。

1週間ダイエットを楽しむ

このやり方は、時間的なリミットが決まっています。その日までになんとかしないと…と考えると、どうしても思いつめたり、イライラしたりしがち。危険なのは、イライラや焦りからダイエットしていること自体が「みじめ」で「イヤ」なモノになってしまうことです。

ダイエットそのものがつまらなく、惨めで、苦痛なものになってしまえば、その結果も当然、嬉しく感じられないもの。同じ結果だったとしても、つまらない気分で得られた成果は物足りなく、楽しんで過ごしたときの成果は充実感のあるものになります。

食事や運動の現状を知り、集中して見直すチャンスとして、1週間ダイエットを楽しんでみませんか。

メニュー

ダイエット中のモチベーション維持や成果を客観的に分かるためにも自分の写真を撮ったり、サイズを計測することはとても大切です。健康を害さず効率の悪いやり方にならないための心得を紹介しています。